見やすい!使いやすい!と評判の高いチャート表示のFX業者を比較

FXのチャートが見やすいFX業者比較

FX業者をチャートで選ぶ

自分の大切なお金を使ってFXの取引をするわけですが、FXの取引においてチャートの見やすさ、システムの使いやすさはすごく重要ですよね。特にデイトレードを好む方は取引の回数も多くなるのでチャートから見たFX業者選びは必須です。

要注目!最新情報PICK UP!!
大見出し テストタイトル
チャートを上手に使うことで売買タイミングをつかもう!

チャートとは、為替の過去の値動きをグラフで表したものです。

FX取引で利益を出すためには、「安く買って高く売る」もしくは「高く売って安く買う」ということが大前提となりますが、どこで買ってどこで売るのかというポイントがうまくつかめなければ、利益を稼ぎ出すことはできません。そのポイントをつかむためにとても有効なのがチャートなのです。

チャートを見る場合に、まず気をつけたいのがトレンドの動きです。トレンドとは値動きの傾向のこと。ローソク足の安値同士を線で結べば上昇トレンドのラインが、高値同士を線で結べば下降トレンドのラインがはっきりと見えてきます。

上昇トレンド傾向が続いている場合には、「安く買って高く売る」の買いポジションでの取引が望ましくなりますし、下降トレンドの場合には売りポジションでの取引が中心となります。

このようにこのトレンドを見極めて流れに乗ることができれば、売買のタイミングがわかりやすくなるだけではなく、トレンドに乗った取引をすることで下降トレンドにも早く気が付けて大きな損失を未然に防ぐこともできるようになります。

このように、プロトレーダーも相場予測に活用しているチャートを使った分析方法を、テクニカル分析と言います。

過去の相場の値動きを読むことで、将来の値動きを予測するテクニカル分析に、世界各国の政治情勢や経済指標、要人の発言などから相場の動きを予測するファンダメンタル分析を加えれば、よりいっそう売買のタイミングがわかやすくなりますが、まず大切なのはチャートの動きを判断し、トレンドの流れに乗れるようになること。しっかりとチャートを読めるようにしたいですね。

株価の値動きは為替に大きな影響を与えています。もっとも身近で理解しやすい円で具体的に考えてみましょう。

一般的に、円高傾向のときには仕入れコストが下げられる内需関連株は値上がりし、円換算にすると売り上げが減ってしまう輸出関連株は値下がりする傾向になってしまいます。また円安傾向のときには逆となり、内需関連株は値下がりし、輸出関連株は値上がりする傾向になります。

このように、円高・円安どちらに為替が動いた場合でも、株価にはある程度の影響を与えることになるのですが、実際には円高になると株価全体が下がり、円安になると株価全体が押し上げられる傾向があります。

日本を代表する大企業であるトヨタ、ソニーなどといった会社は輸出企業であるため、円高傾向になると収益が縮小してしまい、株価が値下がりしてしまいます。こうした大企業の株の値動きが、株式市場全般に影響し、株価全体を押し下げてしまうからです。円安の場合はこれと逆の理論が働き、株価全体を押し上げる傾向がみられます。

輸出企業が強くて多い日本にとっては、円安が進めば株価が上がることになる、つまり株価が上がると一般的には円が売られる状態になるということで、チャートでいえば逆相関の関係となると言うことができます。

株価と為替は、お互いに影響しあう切っても切れない関係にあるもの。FX取引をおこなう際にも、株取引を考える際にも、値動きを読むためには株価と為替の連動する動きをしっかりとチェックする必要がありそうですね。

FX取引を行なう際に必要不可欠なもの、それはチャートです。チャートとは為替相場の値動きを、価格や時間を軸としてグラフ化したもの。

グラフ化したチャートを見ることで、数字だけで見ているときよりもより具体的に、しかも一目で相場の動きを把握できるようになっています。

このチャートにはいくつかの種類があり、主なものはローソク足、移動平均線、トレンドライン、RSI(アールエスアイ)の4種類となっています。この中でもローソク足のチャートが一般的に多く用いられています。

ローソク足チャートは、その名前のとおりロウソクの形を使って値動きを表したもの。ローソク足の形から、その日の始値と終値、高値と安値を知ることができます。

このロウソク足は、始値より終値が高い白い陽線と、始値より終値が安い黒い陰線の2色で色分けされています。また始値や終値から上下に伸びた線のことをヒゲと言います。

ロウソクの芯の部分をボックスといいますが、このボックス部分の長さが長いほど、売買が激しいことを物語っています。ローソク足は5分間の値動きを表した5分足を採用しているチャートが多くなっていますが、一日の値動きを表した日足や一週間分の週足、一ヶ月分の月足などもありますので、チャートを見るときには事前にしっかりと確認するようにしなければなりません。

チャートは、FX取引において売買のタイミングを決めるために、非常に重要なものです。FX取引で利益を得るためには、このチャートを使って過去の値動きを分析し、将来の値動きを予測するテクニカル分析が不可欠です。FXを始めるときには、チャートの見方をしっかりと身につけておきたいものですね



Copyright ©  FXのチャートが見やすいFX業者比較 All Rights Reserved.